バナー

マイナンバーの保管期間

マイナンバーの取り扱いは厳重に注意して保管しなければなりませんが、気になるのがいつまで保管していれば良いのかという期間です。
社会保険等の手続きのために従業員からマイナンバーを提出してもらいますが、この情報はいつまで保管すれば良いのでしょうか。

マイナンバーの保管期間ですが何に対して利用するかによって変わってきます。

扶養控除申告書、配偶者特別控除申告書、保険料控除申告書、住宅借入金特別控除申告書、源泉徴収票が7年となっています。

雇用保険関係書類が4年、労災関係の書類が3年、健康保険や厚生年金保険に関する書類が2年と決められています。



この決められた間は厳重に保管しておく必要がありますが、あくまでも書類による紙媒体になります。

これらの情報が電子データとしてパソコンの中に入っている場合ですと決まった期間が適用されません。

お客様に相応しいマイナンバーの保管を知りたいならご活用ください。

しかしながら税務関係のデータについては期間が適用されていますので7年間は残しておく必要があり、情報が漏洩しないようにして廃棄せでに残しておきましょう。


基本的にマイナンバーはさまざまな関係法令の規定からデータを決まった期間はおいておかなければならないと決められています。これは何度も情報を収集する手間を省くためであり、必要な時に事務手続きをスムーズに行うことができるからです。
期間を過ぎて使用しないと判断したらデータの廃棄は事業者に委ねられていますが、できるだけ廃棄や削除をしなければなりません。

最先端のビジネスジャーナルについて詳しく書かれています。