バナー

マイナンバーの収集代行サービスとは

マイナンバーは2016年から開始された国民一人一人に番号を割り振る制度のことです。

番号の通知はすでに行われており2016年の所得から対象になります。

マイナンバーの目的は税の公正な徴収になります。



正規雇用が中心であった時代においては、短期間のうちに離職するといったことはありませんでしたが、現在のように非正規雇用が増えたり、またさまざまな投資が気軽に行える現在においては、所得把握するのが難しい傾向にあり、このため個人の収入を把握するため雇用して給与を支払っている会社には源泉徴収による納税するさいにはマイナンバーの通知が求められます。
しかし、マイナンバーは個人情報として厳重に管理することも求められ、目的外の使用に関しては罰則も設けられていることもあり、その管理や収集方法などは慎重に行う必要があります。

このためマイナンバーを収集代行するサービスも増えています。

収集代行するサービスはBPOサービスとも呼ばれ、会社に代わって従業員や取引先の個人事業主の情報の収集代行を行うというものです。



収集にはスマートフォンや郵送などで行われそのさいにも漏洩しないように厳重に行われます。



収集代行では集めるだけですが、データ保管サービスも同時に行っているのが一般的で、集められた情報は厳重なセキュリティーのもとで管理されます。

取り扱いに慎重が求められる情報ですので、保管サービスを利用する方が自社で管理を行うよりも安全です。