バナー

マイナンバーのBPOとは

マイナンバーが導入されたことで、企業には様々な作業が生じることになり、業務にも大きく影響しています。
企業は、雇用する従業員やその扶養家族に通知されたマイナンバーや、取引先の法人番号などを収集管理する必要があり、源泉徴収票などの税務手続や被保険者資格取得届などの社会保険関連手続きを行う場合にも、届出書等には記載をした上で提出をする必要があります。

マイナンバーのBPOのための情報を提供するサイトです。

そのために、システムの改修や管理体制の見直し、従業員への周知徹底が必要となり、大きな負担となっています。

人気のあるビジネスジャーナル情報が探せます。

マイナンバーBPOは、マイナンバー制度によって企業が負担となる内容に関して設けられたサービスとなっており、企業は委託をすることで発生する作業やコストの制限を行うことができるようになり、短期間で対応をすることが可能となります。

現在、BPOは様々な企業からシステムのサービスが行われていますが、大きくは、収集代行とデータ保管の内容となり、収集代行では、従業員や外部の個人事業主等にスマートフォンや郵送を利用することで収集が行われています。
ここでは、随時収集を依頼することができるために、パートやアルバイトなどで出入りが頻繁な場合もスムーズに収集を行うことができるようになります。
データ保管は、BPOでも最も重要な内容となります。企業が預けたマイナンバーは、それぞれのサービス会社のデータセンターで保管・管理されることになり、他のシステムから切り離されて高いセキュリティが保障されます。

利用する場合には、必要に応じて提供されることになり、追加や廃棄にも対応できるようになっています。